経営方針

ソフトクリエイトホールディングスはあくまでも、売上高だけではなく、収益性の向上を目指した実利主義的経営を徹底しています。
市場のニーズに合わせてタイムリーにビジネスを展開し、つねに時代を先取りしていく。
この普遍の経営戦略をいかにスピーディに実践できるか、これこそ21世紀を勝ち抜く企業の資質です。私たちは将来を見据えながら利益を追求する姿勢を貫いています。

経営理念

企業ミッション

中堅企業並びに大手企業内部門に、最適なITソリューション・サービスを、営業・技術が一体となって提供し、顧客企業の成長と社会の発展に寄与する顧客企業にとって単なる「業者」ではなく、「ベストパートナー」であることを目指す。
『ベストパートナーソリューションプロバイダ』。

コーポレートスローガン

『speed & change』
変化する時代への対応力と失敗を恐れないチャレンジスピリットをコンセプトとした当社企業スローガン「speed & change」のもと、常に時代の一歩先をゆく事業展開を目指す。

経営指針

実利主義経営
環境変化への素早い対応
実績・実力主義

行動憲章

誠実・公正な企業活動
従業員・人権の尊重
社会・環境との調和

経営ビジョン

成長ビジネスであるソフトウェアプロダクトの開発及び販売に注力することで、業績の伸長と収益性の向上を図り、「Webソリューションサービス」を基盤とした高収益会社を実現する。

経営重点施策(経営課題への取り組み)

ECソリューションのビジネス領域の拡大
ソフトウェアプロダクトの販売・開発体制の強化
優秀な人材確保と育成

利益配分に関する基本方針

当社は経営基盤の強化、財務体質の強化及び将来の事業拡大のために内部留保の充実を図るとともに、株主への利益配分を重要な経営課題の一つとして位置づけ、業績に応じた配当を継続的に行うため、配当性向約30%程度の配当を中間及び期末の年2回行うことを基本方針としております。
なお、当社は、剰余金の配当等に関する事項は法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会によって定めること、並びに中間及びその他剰余金の配当を行うことができる旨を定款に定めております。

IR活動への取り組み

IRの基本方針

ソフトクリエイトホールディングスでは、常に企業として株主・投資家の皆様の期待に応えていくことを目標としています。
株主・投資家の皆様と適切な関係を保ち続けるため、当社ホームページの「投資家情報」にて情報を開示し、情報の公平性や即時性を目指しています。

IR活動の目的

当社は、株主・投資家の皆様にIR活動の目的を誠実かつ公平な情報を開示することで当社の価値を正当に評価していただくことをIR活動の目的としています。

IR活動

当社は、上記IR活動の目的に鑑み、経営戦略などについて株主・投資家の皆様の要請に充分応える情報を提供しなければならないと考えております。そのため、株主総会、個人投資家様・機関投資家様・アナリスト様に対する説明会などにおいて株主・投資家の皆様に対し直接語りかけていく場を充実させていきます。
また、当社ホームページの「投資家情報」を通じて事業内容、財務内容、経営戦略などの情報を公平かつ即時に分かりやすく伝えることを目指しております。

将来の予測に関する事項について

当社が情報を開示する中には、現在入手可能な情報に基づき、当社が判断したものであり、将来の業績を確約・保証するものではありません。業績予想は、様々な不確定要素が内在しており、実際の業績は本業績予想とは異なる場合があります。従いまして、本業績予想に全面的に依拠して投資判断を行うことは控えられるよう、お願い申し上げます。