IRポリシー

株式会社ソフトクリエイトホールディングス(以下「当社」といいます)は、以下の基本方針に基づいてIR(株主・投資家広報)活動を実践いたします。株主・投資家の皆様に対し、透明性、公平性、継続性を基本に迅速な情報提供に努めます。

開示情報

金融商品取引法等の関連法令および東京証券取引所の定める適時開示規則に準拠した情報開示を適時・適切に実施するとともに、投資判断に影響を与える重要情報については、すべての市場参加者が平等に入手できるよう努めます。また、開示規則に該当しない情報につきましても、当社を理解していただくために有効と判断した情報は、タイムリーかつ積極的に開示を行います。

情報の開示方法

会社法及び金融商品取引法に基づく情報開示にあたっては、これらの法律に基づく公告や有価証券報告書等の提出等により、適正に開示しております。また、「適時開示規則」に基づく情報開示にあたっては、同規則に則り、TDnet ※1を利用した開示のほか、当社ホームページ※2により行っております。

また当社では、これらに該当しない情報についても、適時開示の趣旨を踏まえた上で、適切な方法により開示しております。なお、その開示に当っては、公正・公平を原則としております。

※1 TDnet とは、東京証券取引所の情報開示ネットワークシステムです。
(URL:http://www.tse.or.jp/listing/disclosure/index)
※2 ホームページによる情報開示にあたっては、PDFファイルへの変換、Webファイル準備等の関係により、TDnet による開示時期より遅れることもあります。

インサイダー取引の未然防止

企業から直接、未公開の重要事実の伝達を受けた投資家(第一次情報受領者)は、当該情報が「公表」される前に株式売買等を行うことが禁じられています(金融商品取引法第166条)。
平成16年2月1日、この「公表」に関する12時間ルール(金融商品取引法施行令第30条)が一部改正され、重要事実について、TDnetへ登録し、TDnetホームページで公衆縦覧されることで、「公表」措置が完了することになりました。当社では、この改正に伴い、平成16年2月1日より、重要事実について、TDnetへ登録し公衆縦覧を確認した時点で、同事実を当社Webサイト上でも開示しております。

沈黙期間の設定

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期末(四半期を含む)の翌日から決算発表前までの期間を「IR活動沈黙期間」に設定しております。この期間は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則に従い適宜公表することとしております。なお、沈黙期間であっても、すでに公表されている情報に関する範囲のご質問等につきましては対応いたします。

その他

当ウェブサイト上での当社の情報の検索にあたりましては、当IRポリシーのみではなく、別途掲載している免責事項も合わせてご参照ください。